コンスピリート的不動産用語解説

学ぶ 不動産経営とは

は行

売契(ばい-けい)

不動産売買契約書の略称。
業者、金融機関問わず、ほとんどこの略称が使われている。
売契・重説(ばいけい・じゅうせつ)とワンセットで称されることも少なくない。

バルク(ばるく)

同じ建物内の複数戸がまとめて売りに出されている場合、「バルク売り」「バルク物件」と呼ばれる。
簡単に言えば、「区分物件のまとめ売り」ということ。
まとめ売りのため、戸あたりの価格は1戸で売りに出される場合より安価なケースもあり、立地の良い都心物件を相場よりも安く手に入れることができる(場合もある)。

不動産取得税(ふどうさんしゅとくぜい)

不動産を購入した場合に1度だけ課税される地方税のこと。
自宅購入の場合は軽減されていることもあるため、収益物件を購入してはじめて取得税の存在を知る方もいる。
購入からしばらくしてから納付通知が届くため、忘れた頃にやってきて驚く。
厳密に言えば初期費用ではないが、金額が大きくなるため、費用をストックしておく必要あり。

 

まずは弊社開催の不動産経営セミナーにご参加下さい。
お電話(03-6890-0129)でも申し込みを受け付けております。

不動産投資セミナー詳細 無料

資料請求・お問い合わせ

不動産経営・不動産投資に関する
お問い合わせなどはこちらから

資料請求・お問い合わせ

無料カウンセリング(要予約)

賃貸管理・売却の査定、不動産に関するご相談なら何でも承ります。お申し込み後当方よりご連絡いたします。

お申込みはコチラ

電話でのお問い合わせ

お電話でもお問い合わせ・ご相談を
受け付けております。(土日・祝日を除く)

03-6890-0129(受付時間 10:00~18:00)

メルマガ購読申し込み

弊社一押しの新着物件をお届け!!
月2回発行

お申込みはコチラ

このページの先頭に戻る