コンスピリート的不動産用語解説

学ぶ 不動産経営とは

知っておきたい6つのリスク

修繕積立金の変動

【区分所有】のキャッシュフローを大きく左右するのが修繕積立金の上昇です。
経年劣化、物価の変動を考えた場合、金額上昇は避けられません。上昇することを視野に入れて、ご購入を検討された方がよいでしょう。

中古物件の場合、『重要事項に係る調査報告書や、建物管理会社が策定する『長期修繕計画案』を確認し、あらかじめ想定しておくことをおすすめします。
しかし、適切な修繕工事を実施して、建物の資産性を維持していくことは大変重要ですので、極端に低過ぎるのも問題といえます。
現状の修繕積立金額のバランスの判断については、当社スタッフまでお問合せください。

新築物件の場合で多く見受けられるのが、当初のキャッシュフローを良く見せるために修繕積立金が低めに設定されているケースです。
取得から5~10年目に倍以上となることもございますので、その点もご留意ください。

【一棟アパート・一棟マンション】の場合、修繕積立金が存在しません。
大規模修繕工事の費用は、ワンオーナーが全額ご負担することになります。したがって、計画的にその費用を準備しておくことが求められます。
当社取扱いの一棟物件では、どのくらいの期間で、どの程度の予算を見ておくべきかといったご質問も承っております。自社工事部の調査に基づいて、想定額をお伝えさせていただきます。

 

まずは弊社開催の不動産経営セミナーにご参加下さい。
お電話(03-6890-0129)でも申し込みを受け付けております。

不動産投資セミナー詳細 無料

資料請求・お問い合わせ

不動産経営・不動産投資に関する
お問い合わせなどはこちらから

資料請求・お問い合わせ

無料カウンセリング(要予約)

賃貸管理・売却の査定、不動産に関するご相談なら何でも承ります。お申し込み後当方よりご連絡いたします。

お申込みはコチラ

電話でのお問い合わせ

お電話でもお問い合わせ・ご相談を
受け付けております。(土日・祝日を除く)

03-6890-0129(受付時間 10:00~18:00)

メルマガ購読申し込み

弊社一押しの新着物件をお届け!!
月2回発行

お申込みはコチラ

このページの先頭に戻る