investment

投資としてのトレーラーハウス

リスク分散・高利回りの投資を

高利回り×節税×社会貢献

テナント、ホテル、民泊、賃貸物件。さまざまな投資物件としてトレーラーハウスが活躍しています。
トレーラーハウスを活用した投資で、高利回りが実現できる理由をご説明します。

高利回り

  1. 不動産に比べて購入コストが安く、固定資産税がかからないなど初期コストや運用コストが安価にできる。
  2. 不動産ではないため本来家を建ててはならない場所(市街化調整区域の海沿いや国立公園など)でも配置することが可能なため利用者たちに素晴らしい
    ロケーションを味わってもらえる=稼働率を高く維持することが出来る。
  3. トレーラーハウスの利点は移動ができること、設置した場所での利回りが想定通りにいかない場合、別の場所に移動し再度運用することが可能です。

1部屋あたりの建築費用
 (トレーラーハウスは1台で4人から6人の定員に対応)

一般的なホテル
(1部屋)
トレーラーハウス
ビジネスホテル型 1,000 万円 300~500万円
リゾートホテル型 3,000 万円 400~1,000万円

※価格には外構工事は含まれておりません。
※上記トレーラーハウスの金額はオプションや外構工事は含まれておりません。
※上記一般ホテル金額は沖縄地区の相場です。

節税

  1. トレーラーハウスの償却期間は 4 年になります。( 2021年 12 月現在)
    以前は簡易建造物として 7 年、もしくは自動車である 4 年と分かれておりましたが、
    平成 24 年 12 月の国土交通省自動車局による「トレーラ・ハウスの運行に関わる制
    度改正」により、法的な自動車として追加された為、現在は償却期間 4 年になります。

購入費用のほとんどがトレーラーハウス本体になりますので償却期間中は収入に対
してかなりの償却費を出せることで節税商品としても注目されています。

社会貢献

災害の発生時の仮設的な活用は海外では一般的です。
災害の多い日本ではトレーラーハウスを災害時の避難場所などに活用することを各自 治体が検討しております。
防災協定、災害時応援協定などを事前自治体と結んでおくことで災害時にはスムーズ に各自治体に貸与し社会に貢献することが出来ます。
実際に 2007 年7月発生した新潟県中越沖地震では街の復興に活用され、トレーラー ハウスによる社会貢献もしております。

押さえておくべき注意点

  1. 1.トレーラーハウスの運営は運用方法などにより想定通り利回りが回らないケースもあります。高利回りを約束されているものではありません。ご自身で運用方法をしっかり吟味して行ってください。

  2. 2.トレーラーハウスの償却基準は自治体によって見解に相違がある場合があります。また今後税制改正があり、償却期間が変わってしまう可能性もあります。節税だけの目的で購入するのはお勧めできません。

  3. 3.長期間にわたっての維持管理には修繕費用などが掛かります。維持費や修繕費用などを考慮して購入してください。

  4. 4.接道や移動する道路の幅により移動や設置ができない場所がございます。事前にご確認ください。

投資事例

~運用先のご提案も~

売りっぱなしにしないコンスピリートの運用提案

お客様と一生のお付き合いができることが「コンスピリートの価値」と自負しております。
弊社では、ただトレーラーハウスを販売して終わりではなく、メンテナンスから管理、運営方法の事業計画までをお手伝いし、お客様と一生のお付き合いをしたいと考えております。 トレーラーハウス活用術の事例を今後、どんどん増やしていきたいと思いますので「運用するにもどうしてよいのかわからない」「基本的に運用は任せたい」など皆様のご希望を お気軽にご相談ください。

宿泊施設「ソラナ」

プライベートドッグラン付き「Solana 鴨川」22 年 4 月堂々オープン予定

トレーラーハウスに関するご質問等、
お気軽にお問い合わせください。

050-3172-3769

※受付時間10:00~18:00(土日祝除く)

お問合せ 電話する