資料請求・お問合せ 無料不動産個別
カウンセリング

不動産経営を学ぶ

あ行

青色申告(あおいろしんこく)

原則として複式簿記方式により毎日の取引を帳簿へ記録して、それに基づいて所得を申告する制度。
税務署に申請書類を提出し、承認を受けることが条件となる。
白色申告に比べると、必要経費として認められる科目数・金額が増加する。
不動産経営においては、一棟アパート・マンション購入を期に切り替えるパターンが多い。

 

移転登記(いてんとうき)

文字通り、登記が移転すること。売買代金の全額支払いをもって、登記名義人が売主から買主へ移動する。
通常は、不動産会社や金融機関の提携司法書士が行う。

 

イニシャル(いにしゃる)

イニシャルコストの略称(敢えて略す必要もない)。
物件を購入する際にかかる初期投資費用を指す。主なものは登記費用や仲介手数料。
対義語は「ランニングコスト」。

 

イールドギャップ(いーるどぎゃっぷ)

利回りと金利の差のこと。
細かくいうと、当該投資案件で得られる実質利回りと、その投資案件に投下した資金の調達金利との差。
イールドギャップが大きいほど、投資効率は良いという指標になる。スペルは「Yield gap」。

 

インカム(いんかむ)

インカムゲインのこと。保有資産から得られる継続的な収益のことを言い、不動産の場合は当然「賃料収入」のことを意味する。
対義語は「キャピタルゲイン」。

 

売主物件(うりぬしぶっけん)

不動産業者が直接「売主表示」で売りに出している物件のこと。
仲介取引ではないため、仲介手数料は不要。新築の場合はほぼ売主物件になる。

 

オーナーチェンジ(おーなーちぇんじ)

収益不動産の売買において、賃借人(=入居者)が入った状態・・・賃貸借契約も承継するかたちで、取引きを行うことをいう。
売買終了後はオーナー変更に伴い、賃貸管理会社も変わることが多い。入居者にとっては家賃を納める口座が変わったりと、何かと迷惑な話でもある。

セミナー・ウェビナー

コンスピリートでは、お客様と不動産会社間の“情報格差”を埋めるため、【学びのコンテンツ】としてのセミナー・ウェビナーを開催しています。運用と資産価値維持のプロである管理会社が提供する【学びのコンテンツ】をぜひご体感ください。

無料不動産
個別カウンセリング

賃貸管理・売却の査定、不動産に関するご相談なら何でも承ります。お申し込み後、当方よりご連絡いたします。

不動産経営・不動産投資に関する
お問い合わせなどはこちらから

top