資料請求・お問合せ 無料不動産個別
カウンセリング

不動産経営を学ぶ

か行

瑕疵担保(かし-たんぽ)

2020年4月の民法改正により「契約不適合責任」に見直された。
くわしくは「契約不適合責任」の項へ

 

管・積(かん-つみ)

区分所有における「管理費」と「修繕積立金」のこと。月次コストとしてワンセットとされることが多いため、呼称を抱き合わせにした造語。建物管理会社が口座振替で毎月徴収するシステムが一般的。

 

管理会社(かんりがいしゃ)

一口に管理会社と言っても、大きく分けて「建物管理会社」と「賃貸管理会社」とがある。表現的に「管理会社」と一括りで呼ばれるため判別が付きにくいが、両者はまったくの別物である。

 

管理総会(かんりそうかい)

区分所有者(=オーナー)が加入する「管理組合」において、建物管理に関する重要な事項を決定する会議。
臨時総会以外は年に1回定例で召集される。「管理組合」を会社に例えるなら、管理総会は株主総会に当たる。
収益物件の管理総会では出席者はほとんどおらず、実質は建物管理会社の担当者と理事長のみが出席ということも多い。
各所有者の議決権行使に基づいて議案の可決・否決を決めていく場。

 

キャッシュフロー(きゃっしゅふろー)

不動産会社が(売買・賃貸どちらでも)仲介取引を行った際に受け取る成功報酬の受け取り方の種類。
売主‐買主、貸主‐借主のいずれか片方からのみ報酬を受け取る場合を「片手」と呼ぶ。
対して取引当事者の両方から報酬が得ることは「両手」と呼称される。
当然のことながら、仲介業者としては「両手」の方が、単純に利益が倍となるため、うれしい。
依頼主から「専属専任媒介」や「専任媒介」を取りたがる理由の一つは、
コントロール次第で「両手」にしやすいため、でもある。

 

キャピタル(きゃぴたる)

キャピタルゲインのこと。保有資産の価値が上昇したことにより得られる利益。
「投機的」な意味合いで使われることが多い。海外投資家の所有目的の一つでもある。
対義語は「インカムゲイン」。使用例)「キャピタル狙いで買うのもありな立地ですね」

 

共担(きょうたん)

銀行の融資条件等に付帯してくる共同担保のこと。
ある物件の購入時において、当該物件だけでは担保割れを起こしてしまう場合、別の物件上にも担保権を設定し、融資を通りやすくしたり、融資額を増加させたりすること。

 

グロス(ぐろす)

不動産業者が「グロス、グロス」と言うときは、一般的に「物件価格」を指す。
購入にかかる諸経費は含まれないことが多い。

 

契約不適合責任(けいやく-ふてきごう-せきにん)

2020年4月の民法改正により、従来の「瑕疵担保責任」から見直された。
「瑕疵担保責任」では、売買の目的物に「隠れた瑕疵」がある場合、売主はその責任を負うとされていたが、改正によって「契約の目的に合致しない」場合、売主はその責任を負うということに改められた。

代物請求や完物請求、代金減額請求も可能であり、買主が請求できる権利は「瑕疵担保責任」より拡大している。

 

決済(けっさい)

不動産業者が使用する場合は、「銀行からの融資が実行される日」を指す。いわゆる、物件の「お引渡し日」のこと。
同日に「移転登記」が行われる。

 

検済(けん‐ずみ)

「検査済証」を指して、業者は当たり前のように「けんずみ」と呼称すること多い。
建築工事が完了した際に受ける「工事完了検査」に合格すると、建築主事から建築主に交付される書面。
区分所有をローンに持ち込む際には「検済」がおりていることが、取り扱い要件になっていたりする。
逆に区分で「検済」を取得していない物件に出くわして、「マジか…!?」となったことがある営業担当は少なくないと思う。

 

固・都税(こ-とぜい)

固定資産税と都市計画税をセットにした略称。ワンセットで徴収されるため、こうした略称が用いられるケースも多い。
固定資産税は原則すべての土地と建物が課税対象。都市計画税は「市街化区域」内にある土地と建物が課税対象。
収益物件においては確実に「市街化区域」内に建てられているため、納付は必須となる。

セミナー・ウェビナー

コンスピリートでは、お客様と不動産会社間の“情報格差”を埋めるため、【学びのコンテンツ】としてのセミナー・ウェビナーを開催しています。運用と資産価値維持のプロである管理会社が提供する【学びのコンテンツ】をぜひご体感ください。

無料不動産
個別カウンセリング

賃貸管理・売却の査定、不動産に関するご相談なら何でも承ります。お申し込み後、当方よりご連絡いたします。

不動産経営・不動産投資に関する
お問い合わせなどはこちらから

top